本文へジャンプします。




2012年5月

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

サンキスト チャレンジ!

先日、風邪で寝込んだ際に買いだめしたレモンを使って
サンキストが主催するクッキングコンテストに応募しちゃいましたhappy01


んー、やっぱさ、お料理関連の本を出したいんだよね!


チャンスがない、縁がない・・・

『何で本を出さないんですか?』何百回も聞いたけどさ


出さないんじゃなくて、出せないんですよー!!


今年も6月までには出版の話を進める動きで計画したけれど、
あれ?マネージャー忘れてるううう???????(爆爆爆)


もう我慢できん!!


今後は毎月1件づつ、お料理コンテストに挑戦して
自分の手でチャンスを掴むか、賞金貯めて自費出版!!

そうなったら、印税はぜーんぶ自分の懐にいれてやるのだbleah


がははははははは

レモンで減塩♡マアジの簡単レモン寿司!
http://agilemedia.jp/smm/sunkist/201204/photo/photo.php?id=1357090

| | コメント (1)


2012年5月31日 (木)

たら~ん(^_^;)

大事なペットの伊勢海老ちゃんがし、死んどるぅぅぅ

ゲゲゲ~……


脱皮でした‼

今日もハピハピ♡


1338437707252.jpg

1338437707989.jpg

| | コメント (2)


2012年5月23日 (水)

お待たせ!ヒイラギちゃんベイビー♡

長らくお待たせしました!

1週間前、喉がイガイガ、カユカユ、くしゃみの連発で
何かの花粉なのかな〜? から
急にだるくなって、高熱、悪寒、ダウンの巻。。。

寒いのに汗だくで寝込み〜お腹〜鼻〜咳・・・
とまあフルコースいただきました ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

言い訳チックですね〜!m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
皆様も季節外れの風邪にご注意下さいましwink


さて、長らくお待たせしていましたヒイラギちゃんの食味検証!
こんな感じになりましたよcancer


ジャジャーン!


て、写真が貼れない・・・
何で?


ちょっと待って、写真(*_ _)人ゴメンナサイ


では文章だけ? すいませんm(__)m


まず、捌き。
キッチンバサミで背びれ、腹びれを切り、
頭も落としちゃいます。

ヌルは取らなくていいというけれど、
微妙だな。。私は取った方がいいと思う。
塩でもむか、片栗粉でもむ。
どちらかというと、片栗粉を使った方がヌルは取れやすかったです。

ヌルが付いたままの状態と、ヌルなしのものを
各素揚げ、衣揚げ、煮付け、塩焼き、干物にしました。

1)素揚げ
ヌルが付いていると、気持ち苦みがあるような気がする。(多分気のせい)
最後に口の中でヌルがちょっぴり残るような。
結果●ヌルを取って素揚げにすると旨い●
コショーを振ってビールにGood! 子供のおやつにも!★★★

2)衣揚げ
ヌルがあることで小麦粉はつけやすいが、マダラ。
結果●薄く、まんべんなく粉をつけたいから、やっぱり軍配はヌルなし●
食味は素揚げと変わらない。手間を考えると素揚げの方が楽だと思います。★

3)煮付け
煮汁にとろみがつくまで煮たせいか、ヌルがあっても障害なし。
結果●旨いけど意外に味が染み込まない●
味に問題なし。ヌルOK!でも、チマチマ食べる感じ?★★

4)塩焼き
ヌルは気になると言えば気になる。ならないといえば、ならない。気分の問題?
結果●焼きの作業が面倒かな?●
味は特に可も無く、不可もなく、癖がないということ。★

5)干物
あえてヌルはとりました。干カゴを汚したくないし。
結果●作業そのものは面倒でも、保存効くし●
これ、旨〜い!干物だとチマチマ食べて違和感なし。身のほぐれ良し★★★

写真を貼れないのは残念なんですが
おすすめは素揚げと干物。

ヒイラギは骨から身を外すのが楽で
比較的食べやすく、身締まりがいい魚でした。
ただ、サイズを考えるとお箸でつつくものとは言い難いので
手でかぶりついて恥ずかしくない調理方法がいいかと思います。

ある程度数が期待できる今年は
珍味に挑戦するチャンスですよー!!


| | コメント (2)


2012年5月13日 (日)

ヒイラギの味

先日、湘南で釣ったヒイラギ!

あんまり沢山つれるからさ、

食ったるぅぅぅ

そんな訳で、いっぱい持ち帰りました(^O^)/

あの嫌なヌルヌルは処理しなくても美味しいよー


なんて、なんて、なんて色々なサイトに出ていましたが


ごめん、洗った方がいいと思いました


詳しくは次回、写真つきでご案内しまーす(^O^)/


引っ張ってごめんです‼

| | コメント (2)


« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »